日本語教育に欠かせない検定

国際社会が加速化する現代、私たちもグローバルな視野を持つことはとても大切です。

日本語教育の検定情報を集めたサイトです。

学校教育を始め、英語教育も益々盛んになってきています。それと同時に、日本で仕事をしたり生活を営んでいる外国人の数も年々増え続けています。


また、少子化が深刻化する日本社会において、外国人労働者に依存せざるを得ない業種も数多くあります。
そんな現状があり、外国人とのコミュニケーションは誰にとっても他人事ではなくなってきています。
そこで活躍するのが、日本語教育の現場に欠かせない日本語教師です。
日本で生活する外国人に日本語を教えるという大変やりがいのある仕事として、今注目されています。



日本語学校で働くにはいくつかの条件を満たしている必要があるのですが、その一つが日本語教育能力試験に合格するというものです。
合格率も決して高い試験ではなく、その出題範囲も広いため、受験を考えている人はきちんと検定対策をとらなくてはなりません。
そのための学校や通信教育なども数多く存在しているので、自分に合った勉強方法を見極め、確実に合格するために努力しなければなりません。
もうひとつ、日本語教育における検定と言えば、日本語学習者が受ける日本語能力検定です。

こちらは、日本語を母国語としない人たちを対象として、日本語のレベルを図るものです。



簡単な日本語を理解できるレベルから、幅広い場面で使われる日本語を理解できるレベルまでを測定するものとして認知されています。